ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 猫というより四つ足の目玉のおやじっぽく見える… - かわいい猫の形をしたテーブルランプ。シンプルなラインで、猫の姿を生き生きと表現してくれる。丸い頭部に「ひげ」も加えて、さらに本物そっくり。こんなにかわいいランプがあれば、読書時間がもっと面白くなること間違いなし。
  • たった$150って、どんな材料で作られたのか気になる。 - 150ドルだけで作られたDIYカメラ。体型はとっても大きくて、小型カートを利用して移動させて、レンズの調整はジャッキが必要になる。この大型カメラは使いにくいが、制作費が非常に安いことは否定できない。作成者の話によると、このDIYカメラは自分の作品に新しいインスピレーションをもたらすという。デザイナー:Chris McCaw
  • これは怖いw - オランダのフローニンゲンに位置する世界最高峰のロッククライミング。高さ121フィートに達し、全体で「S」の形をし、仰ぎ見るだけでガクブルだが、そのデザインは異なるレベルを満たすことができる。凹んだ面はより安全で初心者にオススメ。それに対して、盛り上がった面は登りにくく、高レベルの人にふさわしい。
  • 鳥の巣を備えた新しい瓦。人間的環境で鳥の住む場所を提供し、居住者にかわいい隣人を誘ってくれる。デザイナー:Klaas Kuiken
  • この傘なら風に煽られて飛んで行っても糸がついているから安心、ってそしたらずぶ濡れになるじゃんw - 強風にあおられ、傘が裏返しになることがよくあるだろう。デザイナーはそのことからインスピレーションを獲得して、この全く新しい傘をデザインした。そのハンドルは分離タイプなので、雨の日に傘として使えるが、晴れた日に凧として使用することができる。LEDランプを装備し、夜に凧揚げをしていたら、多くの楽しみをもたらす。
  • 猛暑の夏が終わってみれば、あっという間に紅葉前線が南下。気候次第で紅葉の時期は微妙にずれるものですが、その微妙な情景の違いも旅の楽しみのうち。大自然の織りなす風景の中へ出かけましょう。今からでも楽しめる絶景の紅葉スポットを、「ウィークエンドパス」フリーエリア内の路線別にご紹介します。ウォーキングも気持ちのよい季節ですよ!
  • いよいよ新米のおいしい季節となりました。今年のお米の出来栄えが気になりますね。米どころを巡り、新米を味わう、秋ならではの旅はいかがでしょうか? 今回は、こだわりのおいしいお米に旬の野菜や郷土の味を取り入れたお食事処・厳選4軒をご紹介。ツヤツヤ、キラキラの炊きたてごはんと人の手のぬくもりが感じられる、郷土の味覚を訪ねます。
  • NHKの連続ドラマ小説「てっぱん」の舞台の尾道は、坂と映画の町。そして寺町として知られます。国宝の浄土寺、眺めのよい千光寺などの「尾道七仏」をめぐり、港から船に乗って生口島にも行ってみましょう。
  • 大阪・兵庫・和歌山の名所・旧跡【大阪】水の都と名城、都市景観を楽しむ古くから商都として賑わう大阪府。名城や洋風の建物など古くからの建築物が残っており、都市景観を楽しんだり、史跡を訪ね歩くこともできます。
  • 紅葉や黄葉は、秋の旅を楽しむための重要なキーワード。普段の何気ない風景も紅葉や黄葉が彩ることで期間限定の素敵な風景に早変わりしますね。そんな紅葉や黄葉の風景が楽しめる名所・旧跡をまとめてご紹介します。
  • 日本国内の世界遺産は、2009年現在で文化遺産10ヶ所、自然遺産4ヶ所の計14ヶ所。多種多彩な名所が揃う日本国内の世界遺産をまとめてご紹介します。暫定リストに掲載された候補地にも注目していますよ。
  • 前回のエントリーのコメントを見ながら、ふと思ったことです。「タクシーは誰のためにあるのか」です。タクシーはタクシー乗務員のためにあるものではありません。タクシー事業者のためにあるものではありません。タクシーを規制する役人のためにあるものでもありません。もちろんタクシーの周辺で商売をしている人のためにあるものでもありません。タクシーはタクシー利用者のためにあります。
    (tags: fromRSS TAXI Blog)
  • 江ノ島電鉄(藤沢市片瀬海岸1、TEL 0466-24-2715)は全線開通100周年の節目を迎える11月4日、開業当時の1号車に模した「記念電車」の出発式を行う。記念電車は21-61号車を使用し、100年前に運行していた1号車をイメージして車外を木目調に施した。車内は、「開通当時のノスタルジックな雰囲気を感じてもらいたい」と、シートの生地やつり手も仕様変更し、当時の写真などを展示する。
  • 箱根町仙石原のススキが最盛期を迎えている。台ケ岳(1045メートル)の北斜面に群生するススキは人の背丈を超えるほどに育ち、穂は日差しを受け銀色に輝く。訪れた観光客や写真愛好家たちは盛んにカメラのシャッターを切ったり、散策を楽しんでいた。「これから枯れススキになっていきますが、ひなびた感じにも趣があって楽しめます」と箱根町の総合観光案内所。
  • 秦野市堀山下の県立秦野戸川公園内のコスモスが見ごろを迎えた。例年より茎の丈は低いものの花の大きさは変わらず、訪れた人も「きれい」と見入っていた。見ごろは11月中旬ごろまで。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。