ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • メルヘンと聞けば、夢と希望が溢れるファンタジーな世界を想像してしまう。富山県の小矢部市は、そんなメルヘンで町おこしを行っているそうだ。街中にはメルヘンとしか言いようがない建築物が多数点在し、小矢部市のパンフレットには「見て来て体験 メルヘンおやべ」というキャッチコピーが踊る。道の駅の名前だって「メルヘンおやべ」となっており、とにかくメルヘンの街なのが分かる。日本なのにこんなにもメルヘンを押す街はそう存在しないだろう。ぜひここでメルヘンの世界へと迷い込んでみたい。
  • "ドイツやフランスと、日本の休暇の取り方を比較すると、結局のところ「休暇の自由度」の問題に行き着く。ドイツやフランスのように一般労働者が(職場の事情が許す範囲内で)自由に1~3週間の休暇をとることができるのが、先進国と呼ばれる国々の常識と言っていい。本来は日本もそうなってから休日分散化を考えるべきなのだが、いずれにしろゴールデンウイーク分散化の話題はさまざまな意味で日本人の休暇の取り方を再考する好機になるのではないだろうか。" やはり課題はここ。そして官公庁や職場の休暇ではなく、夏休みや冬休みなど学校の長期休暇をずらしていることも日本の行おうとしているGW分散化とは少々事情が異なるところを理解しなくては。 - 日本では観光庁が2012年を目処に計画しているゴールデンウイークの分散化。すでに休日分散化が行われているドイツやフランスではどのように休みがとられているのか、実情を調べてみた。
  • SA内のフードコート運営を一社に絞らずに複数の有名店に委託する新しい取り組み。足柄SAの改装もこの一環とのこと。 - 中日本高速道路は24日、サービスエリア(SA)の商業施設を改装し、有名飲食店などが出店する「EXPASA(エクスパーサ)」にすると発表した。まず東海、近畿の3カ所のSAを模様替えする。金子剛一社長は「通過点ではなく、目的地になるSAにして収益増につなげたい」としている。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。