ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 行灯まで傘の形!四国ならではのアイデアタクシーだね。これ乗りながらiPhoneのお遍路アプリで巡ったらかなり現代っぽいなぁw - 四国霊場八十八カ所の巡礼にタクシーを利用してもらおうと、琴平バス(香川県琴平町、楠木哲雄社長)は専用車両「へんろ笠タクシー」を導入した。景気低迷の影響でタクシー利用が減少する中、話題性のある車両で、新たな需要を掘り起こすのが狙い。へんろ笠タクシーは、お遍路さんの白衣(びゃくえ)姿にならい、白色の車体に「同行二人」などの文字を入れ、車体の上部の表示灯(あんどん)は菅笠(すげがさ)のデザイン。ナンバーは札所数の「88」とするなど、遍路スタイルにこだわりをみせている。車内には、お香のにおい袋や巡礼の解説テープなどを備え、専属運転手が遍路姿で乗務し、自身の遍路体験を生かして案内する。
  • 重要な緊急情報を流してくれるアカウントや、本当に見逃せないユーザーのツイートをリアルタイムに受信出来るようになるわけだね。使い方によってはかなり便利なサービスかも。 - Twitterは米国時間8月10日、ユーザー登録せずに携帯電話でツイートをリアルタイムに受け取れるサービス「Fast Follow」と、指定したアカウントのツイートを投稿毎に携帯電話のSMSメッセージで受け取れるサービスを米国で開始した。
  • 以前、Bitで九州みやげの『赤い恋人』が話題になっていたが、猛暑が続く大阪で今、アツイブームになっているこんなおみやげをご存知だろうか。7月末頃からTwitterで火がつき、売り切れ続出が続いていると...
  • 東京メトロと都営地下鉄の経営一元化の話が持ち上がっているが、いつ実現できるのだろうか。利用者側からすれば料金の値下げなどがあればメリットも大きいが、話は難航しているようだ。
  • やるなぁヤフー。ガンダム見に行けたらこれは使ってみるしか!w - ヤフーは8月10日、「ガンプラ30周年記念特集」の一環として、AR(Augmented Reality:拡張現実)を利用したiPhoneアプリ「ガンダムAR」を発表した。静岡ガンダム付近でアプリを起動すると、画面内に全高17.5メートル相当のシャア専用ザクが現れ、ガンダムと一緒に写真を撮影できる。
  • 「大丸松坂屋は昨年から画一的な店づくりを廃し、顧客や立地など個別の特性に対応することで生き残る先戦略に切り替えた」というのが象徴的。百貨店はもはや "百貨" で万人受けを狙う時代ではないということ。 - 日経MJ8月4日版総合小売り面に、松坂屋上野店の生き残り戦略が紹介されていた。その記事から、これからの日本における商売の姿を少し拡大して考えてみよう。
  • 熱いインディーズバンドを日々お探しの皆様、あのaudioleafが遂にやって来ましたよ!!iPhone・iPadのSafariからはaudioleafのサイト内で楽曲を試聴することができず残念に思っていました。しかし、もうそんな悲しい日々にはおさらばできますよ!今週、ジャンル別、地域別等のピックアッププレイリスト、インターネットラジオであるインパラの先週分の放送が聞けたりします。
  • これ一度見てみたい。8/15まで。 - 天台宗総本山である比叡山延暦寺(大津市坂本本町、TEL 077-578-0047)で8月11日、東塔一帯をライトアップする夏の夜間特別拝観「法灯花(ほうとうか)」が始まる。
  • そういえばお膝元で何も話題が出てないなと思ったら…マンモス都市ゆえの構造上の問題なのか、はたまた職員のやる気の問題なのか。 - 基礎自治体としては全国最多の368万市民を抱え、100歳以上(3月末時点)の高齢者が1090人(昨年9月調査)とする横浜市で、いまだに100歳以上の所在確認調査が着手されていない。市の担当者は「調査の手法を検討中で、個人情報を扱う上での問題もある」と説明、開始時期のめどは立っていないとしている。県の緊急調査を受け、市は4日までに男女上位各5人については所在を確認した。ただ、10人以外の100歳以上の高齢者の調査は未着手の状態だ。
  • 株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区 代表取締役社長 日比野 健)は、EV(電気自動車)タクシー(都タクシー株式会社)又はPHV(プラグインハイブリッド自動車)タクシー(彌榮自動車株式会社)がセットになった京都観光プラン「京都ECO観光」モニターツアー2日間を8月10日(火)より販売開始します。
  • 恐ろしく気になる電子ペーパー式黒板。お手軽価格すぎて見かけたら手を伸ばしてしまいそう… - 『Boogie Board LCD Writing Tablet』(以下、Boogie Board)という、電子ペーパーを利用したメモ帳がいよいよ国内で販売開始となります。これは、ペンや爪先を使ってiPadと同じように画面に直接文字を書いたり、絵を描いたりして、簡単にメモがとれ、ボタン1発で一瞬にして描画したものを消すことができる電子ホワイトボードみたいな製品です。驚くのがその価格。国内販売では3980円前後となるそうなんです!『Boogie Board』の特徴は、・タッチ式液晶画面に直接メモできる・描いたものを消去するとき以外は電気を使用しない・A5サイズとコンパクトで、薄さが
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。