ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 「『日本でiPhoneは売れない』と言ったメディアやアナリスト、業界関係者は、ぜひ謝罪してほしい」 ソフトバンクの代表取締役社長 孫正義氏が、少し冗談めかしながら皮肉る。ここ最近の同社の記者会見で、よく見かける光景だ。 孫氏があてこするのも無理はない。2008年の「iPhone 3G」発売に前後して、一部の新聞・雑誌や業界関係者が「iPhoneは日本で売れない」とコメント。販売開始後、一時的に当初の勢いが落ちると、「iPhone失速」「戦後処理が必要な段階」とまで言いつのるアナリストまで現れた(2008年10月の記事参照)。しかし、蓋を開けてみれば、iPhoneは2008年後半から着実に販売を伸ばし、2009年のiPhone 3GS発売後は各商戦期で販売ランキングトップを独走する売れ行きを示した。孫氏が「2009年に日本で1番売れたのはiPhoneだった。iPhoneはダントツに売れており、今も販売台数は右肩上がりで伸びている」と胸を張るのは無理もない。 日本市場におけるiPhoneは、今どのような状況にあり、なぜこれほどまでに売れているのか。そして、iPhoneの快進撃はいつまで続くのか。 来週開催されるWWDCでの、新型iPhone発表が噂されるなか、日本における“iPhoneショック”の現状と今後を考えてみたい。
  • リニア中央新幹線の整備計画を検討する国土交通省の交通政策審議会鉄道部会の小委員会(委員長・家田仁東大大学院教授)が4日に同省であり、沿線4県の知事が意見を述べた。村井仁知事は「JR東海が自主財源での建設を表明してから、地域による考え方の違いが表面化した」と説明。伊那谷経由のBルートを要望する従来の姿勢を改め、県として特定ルートの要望は避けた。村井知事はまず、交通網の南北格差などの背景に触れた。建設促進の主要団体で作る県協議会(会長・村井知事)が、1989年から2008年までBルート要望の決議を繰り返した経緯を説明。しかしJR東海が07年に自己負担での建設と南アルプス貫通のCルート推進を表明してから、飯伊地域がCルート要望に傾いた変転を伝えた。
  • ブルートレインや新幹線の引退の陰で、「鉄ちゃん」向けビジネスが熱く盛り上がっています。日本旅行で鉄道旅行を企画する玉川淳さん(42)は、そうしたビジネスの「仕掛け人」。マニアが多かった「鉄ちゃん」の世界ですが、最近は女性や団塊世代にファン層が広がっています。 東海道新幹線から「500系のぞみ」が引退する2月28日、東京駅のホームは鉄道ファンであふれた。日本で初めて最高時速300キロで営業運転した列車。無数のフラッシュが光り、沿線やビルからも大勢の人が手を振った。玉川さんは、その光景をのぞみの車内から見つめた。日本旅行西日本営業本部のJR営業推進部マネジャー。引退当日に博多―東京を往復する「最終日乗車プラン」を企画し、同行した。定員約110人のツアーだったが、発売から10分で完売。約50人がキャンセル待ちした。
  • ついに100系も引退へ。九州へ帰省するのに名古屋でわざわざ乗り換えて、二階建て食堂車でごはんを食べた記憶が懐かしい。 - 100系新幹線が2012年春、引退する。東海道・山陽新幹線では初代0系に次ぐ車両で、初めて個室や2階建てを備え、快適さを売りに一時代を築いた。いまは山陽新幹線の「こだま」として走っているが、11年春に山陽・九州新幹線に導入される最新型車両「さくら」に押し出される格好で姿を消す。
  • ポートラム・セントラムに続いてそこへ接続する既存線のLRT化。モデル都市としての富山の取り組みの素早さに感心。 - 富山市は4日、利用者の低迷に悩む富山地方鉄道上滝線(南富山―岩峅寺)の活性化策として、市街地を走る路面電車の乗り入れを本格的に検討することを明らかにした。上滝線を走る現在の車両に加え、南富山駅で新型低床車両が同線に乗り入れる構想。利便性をあげるため、新駅もつくる。今後、運行する富山地方鉄道や国と協議を重ねる。
  • リニア実現が見えてきたことで漸く東海も重い腰を上げたね。これで県央地域の整備がさらに進みそう。12年前の「あの」計画が懐かしいw - JR東海が神奈川県中央部の寒川町倉見地区に東海道新幹線の新たな駅を造ることを検討していることが2日、わかった。2027年を目標とするリニア中央新幹線の開業後に、東海道新幹線の利用客減少が懸念されるためだ。神奈川県には新幹線駅が2カ所あるが、小田原―新横浜間の距離は約51キロで、東海道新幹線の平均区間距離の1.6倍。このため、同県と県内10市町は、JR東海に県中央部の寒川町への新駅設置を要望していた。誘致地域はJR相模線が通り、周辺市町からも利用しやすい。駅の建設費約250億円も、県と市町が負担する方針だ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。