ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


090827_hv01.jpg
【asahi.com】
 ハイブリッド車(HV)や電気自動車が静かすぎて、接近しても歩行者が気づかない問題で、兵庫県明石市の藤原丸(まる)君(14)が名案を思いついた。タイヤに取り付けるだけの装置が、低速時だけ自動的に「カチャカチャ」と音を出す仕組み。現在、特許を出願中だ。
 発明した藤原君は同市立二見中の3年生。新聞で、「モーターで動く車はエンジン車と違って静かなため、視覚障害者や高齢者にとって危険だ」と知り、あれこれ考えた。「そうだ。タイヤの遠心力をつかえば……」とひらめき、今回の装置を考案した。細長く平たいジュラルミンのケース(長さ約12.5センチ、幅約3センチ)の中に、10円玉のような円形の金属片を入れる。このケースをタイヤホイールにナットで固定すると、タイヤの回転にあわせて金属片が動き、「カチャカチャ」と音が鳴る。時速約20キロを超えると遠心力で金属片は動かなくなり、音がしなくなる。
(後略)

--------

 

中学生にしてこのアイデアはすごい。
自分が中学の頃のことを思うととても恥ずかしい…(´-ω-`)
よくよく記事を読むとお母さんが兵庫県の発明振興会の会員だそうで
きっと一家そろって発明好き、という血を受け継いでいるんだろうね。
実際にどんな音がして、速度が上がるとどう音がなくなるのか気になる。
周波数によっては聞こえにくい可能性もある電子音を採用するより
よっぽど効果がありそうな気がするし、コストも安く上がりそうだよね。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。