ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


090721_jigazo02s.jpg
【ITmedia +D LifeStyle】
 最近、“自分の顔”で遊ぶ玩具が増えている。オリジナルのフィギュアを作成できるバンダイ 「ペラモデル」「自分魂」 が代表格といえるが、今度は“自画像”をジグソーパズルにする商品が現れた。
 もちろん写真を加工してパズルを作るのは簡単だ。しかし、テンヨーが 「東京おもちゃショー2009」 で展示した「ジガゾーパズル」はそれほど単純なものではない。オーダーメードではなく、買ってきたパッケージに入っているものだけで自分の顔ができるという。しかも、「地球上の生物であれば、どんな顔でも作れます」と自信たっぷりだ。
 一体どうやって自分の顔を作るのか。そのヒミツは、ピースに描かれた濃淡のある模様と、独自の画像解析技術だ。300のピースは、すべて同系色のグラデーションで構成されていて、1つとして同じものはない。またピースはすべて同じ形のため、上下左右も関係ない(裏表はある)。
 ジガゾーパズルを購入したユーザーは、まず携帯電話で自分の顔を撮影し、専用のメールアドレスに送信。するとサーバ側で画像を階調性のあるモノクロ画像に処理し、300のピースがもつ階調だけで再現できる“最も写真に近い組み合わせ”を割り出す。それを設計図として、ユーザーの携帯電話やPCに返信してくれる。
(後略)

--------

 

090721_jigazo01s.jpg
たった300コのパズルの組み合わせ次第で、どんな顔も作れるという
ものすごく興味深いおもちゃが出るそうです。これはおもしろそう!
「低解像度でもそれと判断できる階調性を持っている絵柄であれば、
すべて再現できる」 ということで、風景写真もパズルにできるようで
1つのパズルで無限に遊ぶことができるというのはなんとも画期的。

10月発売予定で1セット2,100円だそうです。ご興味ある方はぜひに。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。