ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【asahi.com】
 東映が7年ぶりに「アニメまつり」を復活させ、目玉として名作絵本「きかんしゃ やえもん」の3DCGアニメを、10月3日から公開することが9日、分かった。ハリウッドが、専用メガネを使い、飛び出す立体映像を楽しむ3DCG映画を次々と製作する中、日本のアニメ映画として初めて本格的に劇場公開される作品となる。
 原作は文を阿川弘之氏、絵を岡部冬彦氏が手掛け、1959年に岩波書店から出版された。出版50周年を迎えた今年までに累計131万部を売り上げ幅広い世代から愛されている。
 3DCGは今後、映画ファンに定着必至といわれる次世代映像技術。東映も新時代到来に向け、数作品を集めた子供向け企画「アニメまつり」を再開させ、3DCGアニメの新作の製作を決めた。3DCGが乗り物の迫力を生かしやすいこと、原作の認知度、子供たちにも広がる鉄道ブームなどから「きかんしゃ やえもん」に白羽の矢が立った。
(後略)

--------

 

この絵本、大好きよだったなぁ…と、ニュースを見てふと思って
ちらっとamazonで本の表紙を見たらなんだかじわっときてしまった…

というだけです(笑)
でも、そんな懐かしい作品がアニメになるってなんだかちょっと嬉しい。
物語は原作と少し違って現代に合わせたものになるらしいけれど
見れるものならぜひ見てみたいかも。DVD化とかされないかなぁ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。