ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------
つい 一週間前 に触れたばかりのソニーのGPS&電子コンパス内蔵サイバーショットがあっという間に日本でも発売決定との発表!
しかも記事の最後にしっかりと "SD/メモリースティックのデュアルスロット" と書いてあって、きちんとソニー製SDカード発売に合わせてきた感じですね。これはぐぐっと物欲をかき立てられてしまいます。
前記事でも書いたけれど赤外線やBluetoothに変わる新しい無線転送規格のTransfer Jetに対応している上、25-250mmの広角10倍ズーム、Exmor Rセンサー、秒間10コマ高速連写、フルHD動画撮影、最大270°のスイングパノラマ、逆光補正HDRなどなど全部入りのすぐれもの。
レンズのF値が3.5-5.5と若干暗めだけど、各種暗部・ノイズ補正によってうまくカヴァーしているという感じなのでしょうね。

自分もふだんはソニーのGPSレシーバーを持ち歩いているんだけど、電源を入れ忘れていたり位置情報がうまく受信できない(古い機種なので)ことがあったり、さらにバッテリー交換を忘れて写真を撮影した時間帯の位置情報が抜けていたりという失敗がたびたびあります。
この機種(DSC-HX5V)では最初からデジカメ本体に内蔵されているので、カメラ起動時に位置情報を受信して撮影と同時に記録してくれるからミスが少ない。
GPS内蔵で撮影場所をもれなく記録できるというのは、"旅行デジカメ" として売り込んでいるパナの LUMIX TZシリーズ 以上に旅行に最適な一台だなぁという印象。
これだけ多機能で4万円台とは、デジカメっていつの間にここまで安くなったんだろうという感じがするね。こういうジャンルにもやはりデフレの影響とか出てきているのかもしれないなぁ…。

スポンサーサイト

--------
カップヌードルリフィルってまだ生き残ってたんだ…w
というくらいの薄い知名度回復を狙ってかどうかは知らないけれど、
ガンダムとのコラボ企画の第二弾としてマグ付きリフィルが登場。
ガンプラのやつは気にならなかったのに、このマグカップはほしい!
つくづくガンダムより赤いシャア専用のほうが物欲を刺激するよね。
というわけで、26日はこれ探すためにコンビニはしごしまくりの予感。


--------
こっ これはかわいいかもしれない…w
ジャガーといえばアニメ本編ではカセットテープに変型してたっけ。
いつかジャガーにトランスフォームする本物のカセットテープが
登場しないかなぁと思っていた子供の頃の夢が別の形で叶った感じ。

って、USBメモリなんて今の実生活で使う機会はほとんどないので
実際に購入するかどうかはわかりませんが。


--------
ついにきました! 64GBメモリ搭載の大容量ウォークマンAシリーズ!
今までのATRACライブラリを無駄にせずに倍以上の曲を収録できる。
薄さ7.2mm、63gという軽量ボディは持ち歩きにはもってこいです。
これは買い替えの第一候補に決定ですな (いまそんなお金ないけど)

ちなみに同じタイプの廉価版としてこちらのSシリーズも登場します。
同じ容量でもAシリーズより5,000円も安いというのがなかなか魅力的。
機能的にはこちらの32GBモデルでも十分かもしれないなー。
ちなみに、iPhone持っててもiPodには乗り換える予定はありませんw

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0909/16/news069.html


--------
いつかは出るだろうと思っていたけど予想外に早く来たっ!!!
というわけで、パナソニックからマイクロ4/3対応の新型機が登場。
119(幅)×71(高さ)×36.3(奥行き)ミリ、本体のみで約285グラム。
オリンパスの 「ペン E-P1」 は335グラムなので、それよりも軽くて
(※E-P1は120.5(幅)×70(高さ)×35(奥行き)ミリ)
E-P1にはなかったフラッシュまで内蔵しているというスペックの高さ。
そしてこのデザイン、間違いなく LX3 を意識した感じでそれまた◎。


090821_cx02.jpg
【ITmedia +D Mobile】
 リコーは8月20日、コンパクトデジタルカメラ「CX2」を9月11日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円代後半。
 「CX1」(レビュー) の後継となるモデル。1/2.3型有効929万画素 CMOSセンサー搭載によるダイナミックレンジ拡張機能や処理エンジン「スムースイメージングエンジンIV」などはそのままに、レンズを35ミリ換算28~300ミリの光学10.7倍ズームレンズ(CX1は28~200ミリの7.1倍ズームレンズ)に改めたほか、連写やAF性能の向上を果たした。
 レンズ倍率を向上させながらも独自の「リトラクティングレンズシステム」によって本体の厚みは29.4ミリと抑えた(CX1は27.9ミリ)。縦横サイズはほぼ変更なく、幅は101.5ミリ、高さは58.3ミリだ。
(後略)

--------


090728_grd3.jpg
【ITmedia +D Mobile】
 リコーは7月27日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL III」を8月5日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は8万円前後。
 2005年10月に発表された「GR DIGITAL」、2007年11月に発表された「GR DIGITAL II」に続く、「GR DIGITAL」の最新機種。レンズ、撮像素子、画像処理エンジンのいずれも一新することで、さらなる高画質を目指した。
 レンズは35ミリ換算28ミリ F1.9-9の“FAST”「GRレンズ」で、特殊低分散ガラスレンズ3枚を含む6群8枚構成。35ミリ換算28ミリという焦点距離はGR DIGITAL IIから変わらないが、明るくなったことで(GR DIGITAL IIのF値はF2.4-F11)、よりシャッタースピードを上げての撮影、あるいは同一シャッタースピードならば低ISO感度での撮影が可能となった。
(後略)

--------


090616_olympen03.jpg
090616_olympen04.jpg
【ITmedia +D LifeStyle】
 オリンパスイメージングは6月16日、マイクロフォーサーズ規格に準拠したデジタルカメラ「オリンパス・ペン E-P1」を7月3日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実売想定価格は9万円前後(ボディのみの販売開始は7月下旬)。「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」を組み合わせたレンズキット、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」を組み合わせたパンケーキセット、上記2本のレンズを用意したツインレンズキットも用意される。それぞれの実売想定価格は10万円前後、11万円前後、13万円前後。
 同社としては初めてマイクロフォーサーズ規格を採用。「コンパクトなボディで撮影を楽しみ、カメラを持つ楽しさを味わってもらいたい」(同社)との思いを込め、累計1700万台以上を販売したハーフサイズカメラと同じく「オリンパス・ペン」の名称を冠した。
(後略)

--------


090609_iphone3gs.jpg
【ITmedia +D Mobile】
 米Appleが6月8日(現地時間)から、開発者向けの年次カンファレンスWorldwide Developer Conference 2009(WWDC 2009)を開催している。
 このカンファレンスの基調講演でAppleは、100以上の新機能と100以上の新APIを盛り込んだiPhone OS の最新バージョン、「iPhone OS 3.0」を6月17日から配信することを明らかにした。初代iPhoneおよびiPhone 3Gのユーザーには無償で、iPod touchのユーザーには9.99ドルでアップグレードを提供する。
 また同日、最新のOS 3.0を搭載し、従来のiPhone 3Gから動作速度を大幅に高速化した「iPhone 3G S」も発表した。新たに付加された“S”はSpeedから取ったもので、6月19日から出荷する。日本ではソフトバンクモバイルが6月26日から販売を開始する。

 →月々480円:「iPhone 3G S」新規価格、キャンペーン利用で実質負担1万1520円から

 価格は、米国内のAT&Tで2年契約をした場合で、iPhone 3G Sの32Gバイト版が299ドル、16Gバイト版が199ドルとなる。ボディカラーは既存のiPhone 3G 16Gバイト版と同様、BlackとWhiteの2色を用意する。なおiPhone 3G Sでは提供されない8Gバイト版は、iPhone 3Gの販売を継続する。こちらは価格が99ドルになる。
(後略)

--------


090414_walkman01.jpg
【ITmedia +D LifeStyle】
 ソニーは4月14日、ウォークマンの新製品、NW-X1000シリーズ「NW-X1050」「NW-X1060」を4月25日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は16Gバイトのメモリを搭載したNW-X1050が4万円前後、32Gバイトのメモリを搭載したNW-X1060が5万円前後。
 新シリーズとなる“X”は、ウォークマンの最上位と位置づけられており、既存製品に比べ、「音質」「操作」「画質」「コンテンツ入手」のすべてが強化されている。なお、本製品は米ラスベガスで行われた2009 International CESにて、既に「NWZ-X1051/X1061」の型番で発表されている。
 表示デバイスはタッチパネル式の3型有機ELディスプレイで、解像度は432×240ピクセル。再生や停止といった操作はタッチパネルだけではなく、正面/側面のボタンも利用可能で、「画面を見ながらの直感的な操作」と「手探りを含めた素早い操作」を両立している。タッチパネルを生かした操作は各所に取り入れられており、「アルバムジャケットをめくってアルバム選択」「動画の再生ポイントを、スクロールバーを指で触れて指定」といった操作が行える。
(中・後略)

--------



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 くまブロFC。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。